株式会社ザート商会

プレミアムワイン

PREMIUM WINE

ドイツワインとは北緯50度と言う過酷な条件の下でゆっくりと育まれたブドウで造られる、世界でも類を見ないワインです。北緯50度とは日本近郊では樺太あたりを指しますが、なぜドイツでワインが出来るのでしょうか?なぜならそれは大西洋から流れるメキシコ暖流のおかげで平均気温9℃と比較的温暖であるためなのです。ブドウ栽培の北限地といわれるドイツで出来るワインは豊富な酸と優しさに溢れる、日本人に親しみやすい味わいのワインとなります。ドイツワインは"甘口ワイン"というイメージが未だ根強く残っています。実はここ数年でトロッケン、つまり辛口ワインの生産量が白赤共に増えています。これは世界的な傾向でドイツも例外ではなく、ワインは食事と共にという考え方に変わってきたためです。
ザートグループでは、今ドイツで最も注目されているワインを厳選して日本に紹介しています。少ない生産量ゆえに生産地以外では入手が難しいプレミアムワインを一足先に味わってください。

HAMMハム

ドイツラインガウ
ハム

1913年に日本で初入植のリースリングワインを、大正天皇に献上し日本のワイン産業の礎を築いた醸造家ハインリッヒ・ハム。彼は、トップクラスの畑から全て手摘み、低温発酵、そしてオーガニックなどの丁寧な醸造に取り組んできました。そこから生み出されるワインは、古典的なリースリングワインとは異なるキレのある華麗な味わいです。

STÖRRLEINシュテアライン

ドイツフランケン
シュテアライン

ドイツワインの偏見を覆すフランケン地方の造り手、ヨゼフ・シュテアライン。シュテアライン氏はフランケンワインの模範とすべき生産者の一人で、ドライかつミネラルなワイン作りを得意としています。

HORST SAUERホルストザウアー

ドイツフランケン
ホルストザウアー

ロンドンで開催された全世界400ヶ国から集まったワインが品評されるインターナショナルチャレンジで見事最優秀賞を取ったホルストザウアー氏。また2002年にはトロッケンベーレンアウスレーゼで世界最高峰の甘口ワインに与えられるボトリティスワイン賞を獲得した。ドイツの醸造家を代表する一人。

DR.BURKLIN WOLFビュルクリン・ヴォルフ

ドイツファルツ
ビュルクリン・ヴォルフ

バッサーマンヨルダン家、ブール男爵家と共に"ファルツの3B"と称されるこのビュルックリン・ヴォルフ家は、400年の伝統、ビオディナミによるこだわりにより、畑の持ち味を最大限に生かした卓越した辛口ワインを作り出している。

DAUTELダウテル

ドイツヴェルテンベルグ
ダウテル

ダウテル醸造所は、この地域で'80年代からシャルドネの栽培を試みるなど、そのエネルギッシュで革新的な姿勢を通じて、独特のテロワールを生かしたハイ・クォリティなワインを生み続け、今やゴーミヨ4つ房にランクされるなど、ヴュルテンベルク最高峰に位置づけられている。力強くユニークなテイストを見せてくれる。

SCHNEIDERシュナイダー

ドイツバーデン
シュナイダー

ラインホルトとコーネリア・シュナイダーは 1981年にブドウ醸造所を設立したとき、彼らはドライワインを生産すること、継続的なブドウ栽培に従事することを決心した。13ヶ月オークの樽で熟成させるシュペートブルグンダーは、ブルゴーニュのワインに負けず劣らずの素晴らしい仕上がり。ゴーミヨ誌でドイツの赤ベスト3という高評価を得ている実力派の作り手です。

KaiserstuhlSALWAYカイザーシュトゥールザルヴァイ

ドイツバーデン
カイザーシュトゥールザルヴァイ

17世紀にスイスから移住したザルヴァイ一家がワインの栽培に着手したことがカイザーシュトゥールザルヴァイの始まりです。1950年に今日のヴァイングート(醸造所)が発足しました。火山岩を含む土壌により、力強くコクがあり、ミネラルの豊富なワインが特徴となっている。またブドウ園付近に咲く沢山の花々でワインが洗練され優雅な香りをプラスしています。

JEAN STODDENジャンシュトッデン

ドイツアール
ジャンシュトッデン

16世紀からの伝統、1989年にバリックを導入し赤ワインを造っている。2002年版ゴー・ミヨワインガイドで『今年の急上昇醸造所』に選ばれ、現在四ツ房ワイナリーにランクインしている。ドイツでは数少ない、長期熟成型を目指す赤ワイン造り手の一人である。

RESSレス

ドイツラインガウ
レス

元々はホテル業を営んでいたバルタザール レス氏が1870年に、ブドウ栽培からワインのビン詰めまで一環して行うワイン作りを始めた。5世代に渡って家族経営を続けるレス家のワインは、ドイツ国内の一流レストランのワインリストに選ばれ、世界各国からその秀逸なクオリティーで評判の高いワインです。

GEBRÜDER LUDWIGゲブリューダー

ドイツモーゼル
ゲブリューダー

モーゼル川沿いのテルニッヒで1628年から続くワイナリー。ブドウの葉を程よく繁らせ、直射日光の下でブドウを十分成熟できるように配慮している。こうして育ったブドウには良質のアロマがはっきりと感じられ、病害にかからない。枝に絡まってじっくり完熟し、凝縮感とバランスのあるワインのポテンシャルを育んでいく。